STAP細胞問題に関して思うこと

昨年、世間を賑わせたニュースの一つに「STAP細胞」問題があります
これは理化学研究所(通称:理研)の職員である小保方ユニットリーダー(以後、小保方リーダー)が再生医療などへの応用が期待される「STAP細胞(刺激惹起性多能性獲得細胞)」の存在を発表したものの、論文の信憑性に欠けるとされ結果的に小保方ユニットリーダーが理研を退職する運びとなった問題です。
私はこの問題に対して少し不信感を抱いています。
不信感といっても小保方リーダーに対するものではなく、この問題は理研が小保方リーダーの論文を指摘し、マスコミがそれを取り上げて小保方さんを理研から追い出したように私には映ったのです。
それは何故かというと、本来理研の職員である小保方リーダーが起こした不祥事であれば、まず理研の上層部の人間がきっちり謝罪をし、何らかの形で責任を取らなければならないはずです。
しかし理研は責任を取らないばかりか小保方リーダーを糾弾し、退職にまで追い込んだのです。
私個人の考えとしては、この問題には何らかの裏があり、小保方リーダーは理研に「干された」のではないかと考えています。
この問題はもっと深く掘り下げるべきであり、今後の調査にも注目していくべきだと思います。

Leave a Reply