にんにく卵黄は他の食材とのバランスを取る事が大切

にんにく卵黄と聞くと、身体に良い成分が多く含まれており、私達の身体の健康増進にとても役に立つと言う印象が有ります。

そこで、にんいく卵黄にはどの様な成分が含まれており、私達の身体にはどの様な効果が有るのかを調べて見ましょう。

にんにく卵黄に含まれる成分

garlic-408959_960_720

にんにく卵黄は、にんにくに含まれる成分と卵黄に含まれる成分の良い所が1つに纏め上げられた物でサプリメントとしても大変人気が有ります。

特に注目される成分としては、にんにくに含まれる成分としてはビタミンB群やミネラル成分、食物繊維が多く含まれております。一方の卵黄にはビタミンやミネラルの他にアミノ酸たタンパク質も多く含まれており、にんにくと卵黄の組み合わせによって非常にバランスの取れた栄養食品と言う事が出来ます。

又、このにんにく卵黄にはカリウムやカルシウム、鉄分や亜鉛等も豊富に含まれており私達の身体の健康に欠かす事が出来ない成分の宝庫であると言う事が出来ます。一方、にんにく卵黄に含まれる脂肪酸には偏りが有ると言われており、オメガ6脂肪酸が多いと言われております。

このオメガ6脂肪酸は私達の身体にとっては健康的であるとは言い難い脂肪酸で、このオメガ6脂肪酸に対応する為にはオメガ3脂肪酸を合わせて摂る事が必要になって来ます。

このオメガ3脂肪酸はDHAやEPA、α-リノレン酸等と呼ばれる成分で、特に魚等に多く含まれており、にんにく卵黄を摂取する時には合わせて摂取する事が望ましいです。

にんにく卵黄を摂る事で得られる効果

ninniku3

にんにく卵黄を摂る事で私達の身体に得られる効果を調べて見ましょう。先ずにんにく卵黄には血液をサラサラにする効果が有ります。

これはにんにくに含まれるアリシンやアホエン等による物で、血液成分の血小板が凝固する事を防ぐ効果が有ります。

その為、動脈硬化や脳疾患等を抑える働きを持っております。次の効果としては殺菌や抗菌作用を挙げる事が出来ます。

これはにんにくに含まれるアリシンの働きによる物で、ウイルスの活動を抑える殺菌抗菌の働きによるものとされております。このアリシンの働きはとても強く、赤痢菌やコレラ菌等の活動を抑えてくれます。

次の効果としては、中性脂肪やコレステロール値を下げてくれる効果が有ります。

この効果にもにんにくのアリシンやアホエン等の働きが関係しており、血液中のコレステロールの合成を抑え血中コレステール値を低下させる働きを持っております。

更に、女性にとってはうれしいアンチエイジングへの効果も期待されており、にんにくに含まれる成分のアリシンと脂質が結合する事で作り出される脂質アリシンによって強い坑酸化作用を得る事が出来る為、身体の老化の基になる活性酸素を取り除く事によって、肌にツヤとハリを与えてくれます。

まとめ

にんにく卵黄は、その含まれる成分によって私達の健康的な身体の維持に効果的な働きを見せてくれます。

しかし、脂肪酸等の一部の成分については、他の食材等と合わせたバランスも重要です。にんにく卵黄に頼り過ぎた食生活では無く、バランスの取れた食事を心掛ける事が大切です。

ぜひにんにく卵黄ランキングもチェックしてみてください。

Leave a Reply