• 大人ニキビに半年も悩まされた…!

    私は、大学4年から社会人まで半年間も大きなニキビに悩まされました。
    小さなニキビならまだいいのです。
    でも、私のニキビは左頬に直径1センチくらいの大きなものでした。
    どんなに化粧をしても隠し切れませんでした。
    そのうち、人に顔を見られるのも嫌になってしまうくらいでした。

    しかし、そんな私に転機が訪れました!
    社会人になってから勤めだした会社は、化粧品を扱うお店でした。
    そこで上司の方に顎ニキビでとても悩んでいる事を話しました。
    すると、水石鹸という石鹸タイプの顔・体両方使える石鹸を紹介されました。
    美容大国・韓国から輸入しているものだそうです。
    私は、せっかく紹介されたのですが国産でない韓国製ということもあり半信半疑でした。
    でも、もう何をやってもダメでしたので騙されたと思って試してみることにしました。

    それから二ヶ月が過ぎました。

    なんと…!!あんなに長い間、悩まされていたあの大きなニキビがなくなったのです。
    この水石鹸という商品には、汚れをしっかり落とすだけでなく落とした後のケアもしっかりしてくれるものでした。
    普通の洗顔料は、汚れを落とすだけなのでそこにまた菌が入ったりしやすいのでなかなか治りにくいそうです。
    なので、私はこの水石鹸を使い始めてやっと綺麗なもとの肌を手に入れることが出来ました。
    今では、毎日この石鹸を使っています。
    大きいニキビ効く洗顔があるんだなと
    とても嬉しいです。
    これからも使い続けると思います。

  • 隠し事

    今日は朝から目覚めが悪かった。
    理由はわかってる。昨日あったできごとのせいだ。
    信用していた人たちが、みんなぐるになって私に隠し事をしていたことが発覚したんだった。
    私に気を使って、私が気を悪くしないためにした隠し事だったけど、信用していた人間に隠し事をされていたことを知ってしまっては、あまりいい気ではいられない。
    それが恋愛関係だったために、変な夢をみた。
    2年寄り添った彼が、実は数年前に別れた恋人とよりを戻すまでのつなぎとして私と付き合っていた、そんな内容だったかな。
    目が覚めて、自分が彼と別れていない事実を確認するあたり、まだまだ安定なんてものはないんだなぁ、としみじみしたりして。
    どんなやり方が正しいとか、間違ってるとか、そんなことは人それぞれで正解はないもんだけど、隠し事をされるのはどんな理由があれ悲しいもので。
    どうせなら最後までバレないように隠し続けていて欲しかった、なんてことも思う。
    そりゃ、知りたくなかった事実だったけど、それを私以外は知っていたってこと、みんなが私に黙っていたってこと、すべてが悲しかった。
    しばらくはもう誰も信じない、なんて言ってたけど、冷静に考えれば、みんな私のためにしてくれたことだから。
    落ち着いて、大人になって、その人たちに感謝すべきなのかなぁ、なんて思ったりもして。
    なんにしろ、隠し事はよくないし、隠すなら隠すで、隠し通すべきだな、と思った昨晩でした。

  • 我慢ができない…

    最近、アニメを見始めました。漫画とか、アニメすごく好きなんですけど私はできるだけ見ないようにしています。
    特に漫画がアニメ化したもの。なぜかというと、すごくハマってしまうからです。まずは、アニメを見ると原作の漫画が気になって次の日には本屋さんに走ってしまいます。
    今回も見事にハマって次の日に本屋さんに走って、とりあえず3冊買って帰ったんですが、その日に読み終わり、続きが気になってたまらなくなり、また次の日本屋さんに走りました。そしてまた3冊買って帰りました。・・・もうそのあとは、ループです。4日経たない内に全巻集めてしまいました。お財布がさみしい。
    漫画も詰まって毎週のアニメの放送が気になり、次はもちろんグッズです。
    これも我慢できません・・・もう集めまくってしまいます。これが私がアニメを見ないようにしている理由です。
    我慢すればいいだけの話なんですが、どうにも我慢できません。他のことなら全然我慢できるんですけど、こればっかりは治りませんでした。
    取り合えず、これからアニメが終わるまでグッズ集めに勤しみます。
    ああああ~本当に今月もお財布が軽くなってしまう 貯金にも少し手を付けているのでどうにかしたいです。

  • 気配りと思いやり

    日本人は親切で思いやりがある民族だ、とよく言われます。
    私も全く同感で、私自身も他の人への気配りや思いやり、感謝などを忘れないように心掛けています。
    相手がどうして欲しいのか、どうしたら相手を嬉しい気持ちにさせることができるのか、などを普段から考えるようにしています。
    相手の顔色を伺って生きている、と言われてしまえばそれまでですが、私個人は純粋な好意で行動しているつもりです。
    なにより相手を喜ばせることが出来る、というのが私にとっても嬉しいことであり、そのような気持ちを持つことで、更に他の方を喜ばせるためのエネルギーになるのです。
    このように相手を喜ばせるような行為をする上で気をつけていることは、あくまでもさり気なく気遣いをすることです。
    あからさまな行動は逆に相手を不快にさせることがあるので、相手に意識させず、そっと思いやる気持ちが大事です。
    さりげない気配りや思いやりを意識せずに出来ることこそ、日本人が親切で優しいと言われる所以だと思います。
    「和の精神」とでも言うべきこの心構えを絶やすことなく受け継いでいくことこそ私たち日本人の使命だと考えています。
    このような心構えを持った人が数多くいるのに対して未だ一部の心無い方々の行動があることも事実です。
    私はいつか自分の声で「和の精神」を大事にする人が増えるような呼びかけをしていけたらと思っています。

  • STAP細胞問題に関して思うこと

    昨年、世間を賑わせたニュースの一つに「STAP細胞」問題があります
    これは理化学研究所(通称:理研)の職員である小保方ユニットリーダー(以後、小保方リーダー)が再生医療などへの応用が期待される「STAP細胞(刺激惹起性多能性獲得細胞)」の存在を発表したものの、論文の信憑性に欠けるとされ結果的に小保方ユニットリーダーが理研を退職する運びとなった問題です。
    私はこの問題に対して少し不信感を抱いています。
    不信感といっても小保方リーダーに対するものではなく、この問題は理研が小保方リーダーの論文を指摘し、マスコミがそれを取り上げて小保方さんを理研から追い出したように私には映ったのです。
    それは何故かというと、本来理研の職員である小保方リーダーが起こした不祥事であれば、まず理研の上層部の人間がきっちり謝罪をし、何らかの形で責任を取らなければならないはずです。
    しかし理研は責任を取らないばかりか小保方リーダーを糾弾し、退職にまで追い込んだのです。
    私個人の考えとしては、この問題には何らかの裏があり、小保方リーダーは理研に「干された」のではないかと考えています。
    この問題はもっと深く掘り下げるべきであり、今後の調査にも注目していくべきだと思います。

  • 久しぶりのパチンコ

    久しぶりに、パチンコに行きました。約1年振りかな。私はパチンコ歴25年です。高校生の時も行っていました(もう時効)。

    当時はまだ昭和の雰囲気がたっぷりで、若い女性が一人で来るなんてことはめったにありませんでした。羽根ものや一発台など色々楽しめました。

    90年代に入って連チャンするパチンコ台がたくさん登場してパチンコ人気が広がりました。私は神戸で育ち、大学は名古屋で、就職が千葉でした。

    それぞれ換金するときの最小単位が違っていて、神戸は100円、名古屋は200円、千葉は500円でした。なので、千葉にいるときは、端数の玉でもらうお菓子等の景品だらけになりました。で、話は戻りますが久しぶりのパチンコ、1,000円勝ちました。今流行りの1円パチンコです。

    4時間ほどいたのですが、投資が4,800円、回収が5,800円でした。昔は、朝10時から閉店の夜11時まで平気で打てていたのですが、今の私には無理です。疲れるのはもちろんですが、音がとにかくうるさい。耳栓は必要です。ないときはパチンコ玉を耳栓がわりにします。

    昔のパチンコはリーチがかかったら純粋に当たりに期待することが出来る機種がたくさんありましたが、今のパチンコは予告(前兆)が強いものでないと当たりません。普通にリーチが掛かってもまず当たりません。私個人としては、昔のパチンコの方が好きです。

  • ほぼ日手帳2015デビュー

    ほぼ日刊イトイ新聞のほぼ日手帳をロフトで購入し、今年からデビューしました。サイズはA5サイズのカズンです。カバーの色はオレンジを選びました。新年に向けて元気な一年になるように願いをオレンジ色に託しました。

    手帳と一緒にきつね柄のカバーオンカバー、下敷きを一緒に購入し、10と書いてあるミニトートバックをもらった。ほぼ日手帳は去年から欲しくて、YouTubeで何度もほぼ日手帳2014の歌を聞いた。手帳の使い方の一部を動画で紹介しており、わくわくするような気持ちが抑えられなかった。

    実際にお店で手にしたときに、なんて重いんだろう!と思いましたが、物欲のほうが勝ってしまいました。重さは参考書くらいの重さです。

    マスキングテープは細い斜めライン柄を3種類ほど用意してウサギのスタンプも買いました。手帳に合わせたシール選びも楽しかったです。本当はほかのほぼ日手帳ユーザーのようにマスキングテープを使って可愛い手帳にしたかったのですが、毎日書くとなると可愛さを継続するのは、時間がかかります。

    もっと手軽に楽しみたいと思い、最近は1日1ページの日記にはテーマ枠を設けて書き込む形式で使用するようになりました。フリクションのカラーペンやジェットストリームボールペンの0.38ミリのペンで書き込んでいます。

    オリジナルの枠以外のところはフリースペースで使っています。イラストを描いたりお気に入りの言葉を書いたり鑑賞した映画の感想などを書いて楽しんでいます。

  • 男性用除毛クリームで男性もツルツルお肌に!

    脱毛をする方法には、永久に脱毛する方法やクリームなどを使って除毛する方法があります。

    クリームを使ってする除毛とは、アルカリ性のクリームを肌に塗って、体の毛を溶かす方法です。

    ただクリームを塗って毛を溶かしているだけなので、その場しのぎで、完全に脱毛することはできません。

    除毛は、完全に脱毛する方法と違って、簡単にでき、金銭面で負担が少なくてすむのがメリットです。

    逆にデメリットは、必要に応じて何度もしなければいけなくて、割高なところです。

    胸毛・背中の毛・腕や足の毛を一時的に全部脱毛したい時などには、脱毛クリームを使うほうが便利かもしれません。

    男性のムダ毛は、女性のムダ毛と比較して剛毛であることが多いです。

    人より男性ホルモンが多い人などは、特に剛毛で、すね毛の処理なんかで悩まれている人は多いと思います。

    剃刀で処理している人とかは、時間もかかって、とても面倒な作業になります。

    そんな時、クリームで簡単に処理できたら助かりますよね!

    以前は、男性がムダ毛を処理するなんて考えられない事でした。

    しかし、最近では女性と同様、肌ケアを気にする男性が増えてきたと思います。

    今では、薬局とかで除毛クリームを気軽に安く購入する事ができるので、一度試してみるのもいいかもしれません。

  • いい洗浄力

    育毛剤では、有効成分としてフィナステリドを配合している育毛剤もとても人気が高いです。

    さらにミノキシジルに比較して見れば副作用はとても弱いとされているのですが、胃の不快などが感じられるような事例がたくさん報告されていて、日本国内では安全性が重視されていて、国内で生産や販売をされているような育毛剤は副作用の心配がすくないようなものであって、個人輸入で入手するような海外製品はより強い効果を期待するといったことができる一方、副作用の懸念が強くなっています。

    そして、アルコール系育毛シャンプーは何なのかと言えば、普段使っているようなシャンプーの大半はアルコール系シャンプーと思っていていいですが、石油由来のシャンプーで洗浄力は申し分ないですが、値段もピンキリであり、安い値段のものでも不満なく使えるといったことがあります。

    そして、このシャンプーのメリットはなんと行ってもその洗浄力であり、福家が慢性的に多いような方やかみが脂ぎっているような方は絶大な効果を期待するといったことが可能で、とてもたくさんの泡立ちがしますから、頭をしっかりと洗い流した後の爽快感があって、さっぱりとした頭皮を実感するといったことが可能なのです。 

  • 日本国憲法/ベアテの贈りもの

    日本国憲法はGHQ(連合国軍最高司令官総司令部)が作ったものとして知られているが、草案としては日本人が同時期に作った憲法が存在していた。これは敗戦国として再起を図るものとして相応しくないと却下されたが、この経緯が辛口で分かりやすかった。
    「この草案を作ったヤツは、これが本当に受理されると思ってたのか。
    ポツダム宣言を読んでないか、読んだけど理解出来なかったのか」ってキツイ言葉が飛び出してきますね。まあ、言い回しを変えているだけで戦前の憲法と同じ内容だったんだよね。馬鹿だと思われるでしょ、普通。
    辛口と言えば、「小泉(元)総理は、日本の総理大臣史上最も愚かな総理」と言う人もおったね。小泉さんとブッシュ(元)大統領のツーショットが多く使われていた。
    ブッシュと言えば、世界では「テロリスト」として名を知らない人はいないです。
    おいちゃんも悪の枢軸というのはブッシュ(元)大統領のことだと思ってるぐらいです。
    小泉さんは日本では人気のある政治家ですが、世界の人々はブッシュの相棒として見ていたわけです。
    まあ、小泉さんの人気は甘いマスクとか政治手腕に関係ないところで発揮されていたという感じです。
    アジアで暮らす多くの人々が、憲法第9条が改正されることで再び日本が侵略してくると考えているみたい。確かに歴史を見ればこれは否定出来ない事実。日本ではやってないと教えられるが、世界ではそうとうな悪事を働いていたと教えられる。
    馬鹿ですが、戦争は人を狂わすということは知っています。
    なので、やっていると思うんだがね。これを言うと非国民になっちゃうのかな? まあ、最近はタイヤル族の処刑写真とか見たからです。
    これをわざわざ作って日本に持ってきたとは思えないです。